金融機関の職員時代、支店勤務だった当時、融資業務を主管しておりました。融資に携わっていると、自然にお取引先の経営に間接的に関わりをもつようになります。起業・創業期、業容拡大期、安定期、あるいは衰退期、再生期、また整理・清算期、また事業承継期やM&Aといった場面に立ち合い、深く関与することも経験してまいりました。

ここで得た経験知は企業経営全般に渡るもので、大変に貴重なものでしたが、個別具体的であるがゆえに、せっかくの知識も個々断片化したものとなってしまっていました。これを何らかの方法によって体系立て、統合化していかなければ、お取引先にコンサルテーションやソリューションを提供する役割を担いながら、機能発揮は難しい、そう次第に考えるようになりました。

そのために必要だったのが“理論”でした。

金融機関の現場にあって、リアルケースとして間接的にでも企業経営に関わってまいりました経験からすると、これ以上のケーススタディは必要ないと考え、米国式のビジネススクールではなく、理論についてもしっかりと学ぶことができる英国のビジネススクールで経営学を学ぶことに決めました。

私どもUES(U:Universal, E:Engineering, S:Social)は、企業経営の皆様、事業に携わる方々のよきパートナー(P:Partners)として、企業、事業各専門分野に長けたプロフェッショナル人財でチームを組織し、また、パートナー企業、公的機関等を有機的につなげることで、体系立った、統合的に最適化したコンサルテーション、ソリューションを、ご提供、機能発揮してまいります。

皆様からのご相談、あるいはパートナーとしてのご参加、心よりお待ちしております。

株式会社UESパートナーズ
代表取締役 社長執行役員
松田成哉

CONTACT
お問合せ

AND MORE

follow us